症例

症例

症例

[症例2] 35歳男性
 インプラントGBR法(歯槽骨増大法)

2004年4月にインプラントを埋入しました。
埋入部位の歯槽骨が不足していたため、インプラントが露出した部分に粉砕した骨を置き、メンブレンという人工膜で覆いました。
2004年8月二次手術時、歯槽骨が再生されている(丸印)のがわかります。

症例2 インプラントGBR法
2004年8月 二次手術
症例2 インプラントGBR法
二次手術後に除去された
ゴアテックスRGBRメンブレン
症例2 インプラントGBR法
メンブレン除去後
症例2 インプラントGBR法
2004年10月 完成
丸印がインプラントで治した歯です。

症例インデックスページへ戻る