症例

症例

症例

[症例3] 64歳男性
 インプラント サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

症例3 サイナスリフト
上顎の歯槽骨の上部には、上顎洞という大きな空洞があります。
上顎歯槽骨にインプラントを埋入する際に、上顎洞までの距離が不足している場合には、サイナスリフトによって骨の高さを確保します。
症例3 サイナスリフト
この時は丸印の所に腸骨(腰の骨)を移植しました。
症例3 サイナスリフト
2004年5月に移植手術を行い、2004年11月に完成しました。

症例インデックスページへ戻る